Blog

スタッフブログ

腰痛の原因の約6割は・・・

カテゴリ

2016/09/09

腰痛とは腰部に感じる痛みの総称で、
細かく分類すればその原因は多岐にわたります。

しかし、大きく分類すると、4つに分ける事ができます。

①下肢の疲れからくる腰痛
②上肢の疲れからくる腰痛
③腰部筋筋膜からくる腰痛
④内臓の疲れからくる腰痛

です。

その中でも、腰痛の約6割を占めるのが、

①下肢の疲れから来る腰痛

です。

large

特に、普段立ち仕事などで、常に足腰を酷使している
人の腰痛は、ほとんどコレに当てはまります。

このタイプの人は実は腰自体にはあまり問題はなく、
足(ふくらはぎや足裏など)の疲労が蓄積する事によって
腰痛が生まれている為、足のケアに集中する必要があります。

②上肢の疲れからくる腰痛

事務作業などで、常に腕を前方に出した状態で
動かしていると、背中の大きな筋である『広背筋』が
引き延ばされ続け、疲労物質がたまり、痛みを伴います。

k109

広背筋は腰部から腕の付け根まで伸びているため、
腕の使い過ぎによる腰痛は少なくありません。

デスクワーカーさんなどで覚えのある方は、広背筋を
疑ってみましょう。

③腰部筋筋膜からくる腰痛

これはいわゆるギックリ腰です。
腰部筋を包んでいる筋膜が、重いものを持ったり、
急に体をひねったりする事によって切れることにより、
強い痛みを伴います。

胸腰筋膜

この場合は腰部筋の損傷ですので、アイシングや
テーピングなど腰部筋の適切なケアが必要となります。

④内臓の疲れからくる腰痛

内臓が機能低下を起こすと、臓器内に老廃物がたまります。
臓器自体に痛みが発生する場合もありますが、
老廃物が背面に回ると、腰の痛みとして感じる場合があります。

☆腰に関連痛を引き起こす内臓疾患

・胆石(右上腹部から右腰部)
・腎臓結石、腎盂腎炎(肋骨背面を叩くと響くような痛みがある)
・膵炎(背中全体のコリ感)
・大腸、小腸(腰部)

a-614

①②③④と、症状として多い順で並んでいます。

どの症状でも、心当たりのある方は、一度nicoにご来店下さい。

適切な処置をさせていただきます(^-^)

Pagetop