Blog

スタッフブログ

キネシオロジーテープの効果②

カテゴリ

2014/10/25

nicoスタッフ マサキです。

キネシオテーピングについて続きです。

キネシオテーピングの4つの効果

①筋肉の機能改善、強化
②血液・リンパ液の循環を促進する
③痛みを抑える
④関節のズレを正す

引き続き②から説明していきましょう。

②血液・リンパ液の循環を促進する

キネシオテープの特筆すべき性質。
それは『皮膚を浮かす』というところです。

皮膚を浮かす事により、その下の組織間のスペースを
拡げ、局所に溜まっているリンパ液や血液の循環を
改善することができます。

これにより、血行不良が主な原因とされる、肩こりや
冷え症などへの効果はもちろん、老廃物、停滞物質を
流す事によって、あらゆる健康への効果が期待できます。

写真 2014-10-25 16 41 12

↑ふくらはぎのリンパテーピング

③痛みを抑える

キネシオテープには痛みに対する鎮痛効果があります。

人は身体に痛みを感じると自然に手を当てます。

これは意味のないことではなく、皮膚や筋肉を刺激
することで、神経学的に痛みを消す効果があることが
わかっています。

本来人間には自分で痛みを抑える機能があり、それが
キネシオテープを貼る事によって活性化されるのです。

また、内臓疾患などで痛む場合も、キネシオテープによって
痛みを和らげる事が可能です。

写真 14-08-16 10 44 20

↑局所的な痛みに効果の高いジェルフィッシュテーピング

④関節のズレを正す

ここで言う関節のズレとは、主にスポーツ障害によって
起こるものを指します。

筋の異常な緊張によって関節を構成している
骨を引っ張ってしまい、関節がズレてしまう場合
などがそうで、ある程度テープを引っ張って使用します。

特に肘や足首など強い衝撃で痛めやすい部分に使用します。

写真 2014-10-25 16 55 30

↑手首へのスリットテープ。
スポーツ選手はもちろん、僕たちのような手技療法家や、
毎日お料理を作る主婦、PC作業で手首が圧迫される
デスクワーカーさんにも効果が高い万能なテーピング。

以上4つが、伝統的に認められてきた効能ですが、
キネシオテープには表皮のコンディション、
皮下組織の影響を調整し、症状を緩和したり、
リハビリテーションの手助けになったりと、
用途も効果もまだまだ拡大されつつあります。

nicoにご来店の際は、是非その効果の程を
文字通り『肌で』体感していただければと思います~(^^)

Pagetop