Blog

スタッフブログ

キネシオロジーテープの効果①

カテゴリ

2014/10/11

nicoスタッフ マサキです。

今回はキネシオテーピングについて。

Tape

皆さまはキネシオテーピングの事をどのくらいご存知でしょうか?

近年ではスポーツ選手が貼っているのをよくみかけます。

kinesio

普段からスポーツをされている方は、常用していたり、
貼った事があるかもしれません。

少し前では女子プロゴルファーのミシェル・ウィー選手が、
カラフルなキネシオテーピングを貼って試合に臨み
話題となりましたね。

01

しかし実際は、名前は聞いたことあるけど実際に貼った事はない
という方がほとんどではないでしょうか。

「そもそもテーピングって固定するものじゃないの?」
というイメージがあるかもしれません。

それはアスレチックテープ(通称ホワイトテープ)と言って、
関節などを固定する時に使うものです。

キネシオテープはその逆で、動かないものを動くようにする
機能回復テープになります。

よって、スポーツ選手にももちろん高いパフォーマンスを発揮しますが、
むしろ、毎日朝から晩までPC作業を行っているような、
普段から身体を動かせないデスクワーカーさんなどにも、
高いパフォーマンスを期待できるわけです。

work

では前回紹介しましたキネシオテーピングの4つの効果

①筋肉の機能改善、強化
②血液・リンパ液の循環を促進する
③痛みを抑える
④関節のズレを正す

です。

順番に説明していきましょう。

①筋肉の機能改善、強化

日々仕事などをしていると、特定の筋肉ばかりを
使いすぎてしまって、そこが異常緊張を起こし
固くなってしまいます。いわば「コリ」ですね。

これはその筋が負担に耐え切れず伸びすぎている、
または縮みすぎている状態です。

こういった筋に対してキネシオテープを貼る事で、
伸びすぎあるいは縮みすぎた筋肉を正常な状態に
戻し、本来の機能を取り戻す事ができます。

また、このように問題を起こしている筋肉は
基本的に弱化しているため、キネシオテープは
その筋肉を補助し、強化してくれます。

次回、②以降説明していきます~(^^)

Pagetop