キネシオテープとは

カテゴリ

2012/11/26

こんにちわnicoスタッフのワタナベです。 大阪、神戸マラソンに出場された皆さまお疲れさまでした。 今日は朝から雨ですが昨日は晴れて良かったですね。(*^_^*) さて、以前テーピングでランナーの方をサポートしてますと言っていましたが、 当サロンでは「キネシオテープ」を使っています。 症状や貼る筋肉によって幅、長さ、切り込みが違います。 ご存知の方も多いと思いますが少し説明いたします。 別名「人工筋肉テープ」とも呼ばれているもので、 従来のホワイトテープのように固定するわけではなく、貼ったままカラダを自然に動かすことができます。 2、3日貼ったままでも普段の生活に支障が及びません。 筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性があり、 貼るだけで筋肉の痛みや凝り、怪我を早く改善することができます。 キネシオテープを貼ると、体内に隙間ができてリンパ液の流れが良くなります。 そのことで新陳代謝がよくなり、人間本来の自然治癒力が高まります。 また、リンパ液だけでなく、血液の流れも良くなりますので、疲労の回復も早くなります。 とくに痛んだり腫れたりしてなくても、ちょっとだるい時、疲れが取れない時に貼っても効果的です。 スポーツや仕事によっては、特定の筋肉を酷使する場合がありますが、事前にキネシオテープを貼っておくと筋肉痛などの予防に役立ちます。 というように寝違え、肩コリ、ぎっくり腰、筋肉痛など日常生活での症状もフォローできるんです! 貼ってみたい方や興味がある方は気軽に質問して下さいね。
Pagetop