Blog

スタッフブログ

母乳ダイエットのコツをお教えします

カテゴリ

2014/09/06

前回、母乳ダイエットの話をしましたよね。 今回は母乳ダイエットをするにあたって必要な おっぱいを出す四つのコツをお伝えします。 ☆頻回授乳 最初が肝心です。 ミルクを足していても、小まめな授乳で、だんだんと母乳は増えていきます。 夜中も授乳しなければいけませんが、ここを頑張らないと、 人によっては母乳量が減ってしまうことになりかねません。 2、3ヶ月ごろからおっぱいが張らなくなってきたとしたら、 差し乳に変わったのかもしれませんので、赤ちゃんの体重をみながら、 ミルクを足さずに母乳で頑張ってみてください。 差し乳は、おっぱいを吸われた刺激で作られる、美味しいおっぱいです。 赤ちゃんの為にも、美味しいおっぱいを飲ませてあげてくださいね。 ☆食べること 白ご飯と味噌汁がおっぱいを作ってくれます。 しっかり食べましょう。 人によってはカレー、ラーメンなどは詰まる原因になりますし、 赤ちゃんにとっても「美味しいおっぱい」とは言えません。 油っぽい物、乳製品は控えた方が母乳も美味しくなります。 水を飲むのも、おっぱいを出したり、排泄を促す大事なポイントです。 水分は赤ちゃんに、どんどん取られていきますからね。 一日に、少なくても2リットルは飲みましょう。 ☆体を温める 冷えていては、おっぱいは出にくいです。 血流が悪くなると、おっぱいも血液なので、流れが悪くなります。 体を温めること、コリを取ること、冷えを解消すること、 便秘にならないことがポイントです。 体を温めるように工夫をしましょう。 ☆ストレスを溜めない ストレスを感じると、母乳は出にくくなります。 ホルモンバランスの影響で、 ちょっとした一言や態度で傷つきやすくもなっています。 親、旦那さん、友人、育児支援サポートをうまく活用したり、 出来るだけストレスを溜めないようにしましょう。 最後に! 母乳ダイエットは母乳を出しているだけで 身体が勝手にカロリーを消費してくれます。 その点、運動量を増やすダイエットや 食事制限のダイエットは辛いものがあります。 母乳が出ている、人生で少ない期間、体重を落とす絶好のチャンスです。 親子 挑戦出来る方は、ぜひ試してみて下さい。
Pagetop