Blog

スタッフブログ

今、子育てについて思うこと

カテゴリ

2016/02/27

マサキです。

今日は少し思う事があったので、
この場を借りて書いてみたいと思います。

当店nicoには、子育て世代に人気の西宮という
土地柄もあって、子育て中のママさんを
診させていただく機会が多々あります。

僕自身も、2人の男の子を育てる父親ですので、
子育てに関して考えさせられる事が多いです。

今話題の、『保育園落ちた日本死ね!』
というネット上での書き込み。

この強烈な書き込みが、今、世の子育てママたちの
共感を得ています。

では、この書き込みを世の中はどう捉えるでしょうか。

「じゃあ日本はもっと保育園と保育士を増やすべきだ。」

たしかに必要な事だとは思います。

しかし、それでは現状何も変わらないと思います。

ここで気付いてほしいと思う点は、
これを書き込んだママが、『今』すごく辛いから、
こういう書き込みをしたという事。

mother baby

つまり、『今』辛い思いをしている子育てママたちの
SOSサインであり、SOSを出している本人、
つまり、周りにいる世の子育てママたちを
『今』助ける事が、最優先なはずです。

『今』周囲の人が助けられる事はいくらでも
あると思います。

エレベーターでベビーカーを譲る。

電車の乗り降りや階段で手を貸してあげる。

育児について少し学んでみる。

残念ながら、諸外国に比べ、日本はこういった
意識が非常に低いそうです。

諸外国では、階段をベビーカーを持って上がろうものなら、
何人もの人が駆け寄って助けるそうです。

今、日本でそういった光景はめったに見られません。

マナーなどに関しては世界に称賛される日本が、
子育てに関しては非常に意識が低い。

『子は宝』という認識は世に根付いているとは思います。

しかし、僕としては母と子は一心同体、つまり、
『母子は宝』という認識であるべきだと思います。

あの書き込みをニュースなどで知った周囲の人達が、
今よりほんのちょっとでいいので、『今』辛い思いをしている
身近な子育てママに気づき、声をかけ、支えてあげる事。

世の中がそんな考え方をできるようになれば、
時間とお金をかけて保育園や保育士を増やすより、
よっぽど少子化は改善されるのではと思います。

Pagetop