Blog

スタッフブログ

首の付け根辺りのコリや痛み

カテゴリ

2016/11/19

マサキです。

随分と寒くなってきましたね。

この時期は身体の冷えや、衣服の締め付け、重さによる
身体への負担が増し、急性腰痛や肩こりが増える時期です。

皆様くれぐれも長時間固定姿勢からの、
とっさの動きなどはお控え下さい。。

今日は普段から首の付け根辺りが痛い、つらい、だるい
などなど症状をお持ちの方へアドバイスしたいと思います。

この辺りに痛みやコリを感じる方は、大体ご自身で
コリ固まった場所をグイグイ押してみたり、
マッサージなどに行っても『カタイですね~!』
なんてよく言われちゃうのではないでしょうか。

ではなぜそんなにコリ固まってしまうのでしょうか?

原因としてほぼ全員の方にあてはまるのが、
頭が前に出てしまっているという事です。

まず頭の重さをご存じでしょうか?

大体4kg~5kg。

ボーリングの玉で言えば9~11ポンドの玉が、
首の上にのっているという事になります。

ボーリングボール

ではこれが5cm程前に出ると、首の付け根にかかる
力は何kgになるでしょうか?

これは約30kgになると言われています。

もしボーリングに行く機会がありましたら、
投げる前の姿勢から、腕を5cm前に出してみて下さい。

結構腕がプルプルします(笑)

つまり、頭が5cm前に出てしまうだけで、首の付け根に
30kgの負担がかかるということです。

さて、普段から様々な人の姿勢をチェックしているのですが、
ニュートラルの状態で、既に頭の位置が、1~3cm程度前に
突出している方がほとんどです。

ちなみに、頭が前にどのくらい出ているかは、耳の穴の位置と、
肩峰(肩甲骨の先っぽ)の位置関係で判定します。

正常は前後が同じ位置です。

ダウンロード

そこからデスクワークなどの生活習慣により、
さらに頭を前方に突き出した状態を維持しようと
するわけです。

こうなると、コリを感じたり、痛くなったり
しないほうがおかしいと思いませんか?

頭が前にいってしまう要因は様々ですが、
やはり生活習慣の改善は外せないでしょう。

特に、PC作業、デスクワーク時の姿勢改善、
携帯端末の使用時間の見直しなどは、
必ず取り組むべき項目かと思います。

nicoのカイロプラクティックでは、
土台となる骨盤の調整から、頸椎の前弯の減少
(いわゆるストレートネック)のチェック、
影響する筋組織へのアプローチ、神経、硬膜
障害の検査等行い、症状の改善を目指します。

もちろん、生活習慣のアドバイスや、
症状に見合ったホームケアもお任せください。

前述のとおり、人によって要因は様々ですので、
心当たりのある方は、一度nicoで詳しく
チェック!しましょう!

Pagetop