Blog

スタッフブログ

自律神経失調とカイロプラクティック②~人体の「コア」はどこ?~

カテゴリ

2014/02/08

nicoスタッフ マサキです。

前回のつづきです。

自律神経のバランスが崩れることでおこる自律神経失調症。

自律神経は脳から脊髄(中枢神経)を経由し、末梢神経へと
全身に張り巡らされているわけですが、
実はそのすべてをコントロールしている中枢があります。

それがこちら

Hypothalamus_image

画像の赤い部分。大きさにして角砂糖程度。

脳の最深部に位置し、人体における「コア」。

それが「視床下部」です。

その下にピョコっとぶら下がっている、
大きさにしてえんどう豆くらいの部分が「脳下垂体」で、
ここはホルモン分泌の中枢になるのですが、
その制御もこの「視床下部」が行っています。

この角砂糖くらいの大きさの部分が
内分泌機能総合調整、体温調整、基本的な欲動(食欲、性欲等)
飢え、怒り、恐れなどの感情を引き起こしているわけです。

この小さな中枢に、多少なりとも血液や組織液の循環異常等の
問題がおこれば、ヒトの体はどうなるでしょうか。

想像しただけでも恐ろしいですね。

しかしながら、「視床下部」および「脳下垂体」は、
前述のとおり、脳の一番奥深くに位置し、アプローチするのは
凄腕の脳外科医でも難しいのではと思います。

もちろん外部から直接アプローチはできませんが、
生理学、バイオメカニクスを理解すれば、
間接的にアプローチできる手法はあります。

その一つが「クレニオセラピー」です。

■クレニオセラピーとは

クレニオセラピー(頭蓋骨調整法)は、頭蓋骨の動き・リズムを正常にすることにより、
脳、脊髄を保護したり、栄養分を運んだり、毒素を取り除くなどの役目を持った
脳脊髄液の流れを正常にすることを目的としたセラピーです。

脳を守っている頭蓋骨22個(脳頭蓋 6種 8個、顔面頭蓋 8種 14個)は、
1つの骨のように見え、動きなどないように思えますが、
実は呼吸とともにすべての縫合は動いています。

(クレニオセラピーoffcial site様より引用)

クレニオセラピーの理論は、カイロプラクティック理論と同じく、
「自分自身の力で癒す能力」に焦点をあてています。

すなわち薬物等に頼らずとも、本来持っているはずの自然治癒能力を正常に
引きだしてあげる事によって、自然に治っていく事を目的とします。

では次回、その理論に基づいたアプローチを紹介したいと思います(^^)/

Pagetop