Blog

スタッフブログ

ダイエットと睡眠の関係!?

カテゴリ

2013/05/01

みなさんは睡眠は十分に取れてますか? 今回はウエダが睡眠についてお伝えします! 本格的なダイエットを目指すならば睡眠も大切です。 睡眠不足になると太りやすい体質になるんですよ(>_<) 睡眠の基準を7時間とした場合、 平均6時間しかとらない人の肥満率は7時間の人に比べて23%もアップ。 5時間だと50%、4時間だと73%にそれぞれ跳ね上がるという研究があります。 (米国全国健康・栄養調査のデータ分析結果があります) そもそも、なぜ睡眠不足はいけないのでしょうか? それは『ホルモンバランス』に問題があると言われているんです。 肥満に影響するホルモンに、『レプチン』と『グレリン』があります。 レプチンは通称 満腹ホルモンと呼ばれ食欲を抑制する働きをし、 一方のグレリンは通称 食欲ホルモンと呼ばれ食欲を増進させる働きをします。 睡眠時間が不足している人の多くは2つのホルモンバランスが崩れ、 グレリンが増え、レプチンが減っている状態になってます。 つまり太りやすいホルモン環境になっているんです。 やせる体質にする為には睡眠時間を多く取る必要がありますが、 実際は仕事が忙しくて帰宅時間も遅くなり、しっかり睡眠が取れない! そのような人は多いと思います。 ではどうすればよいのか? 睡眠には22時から翌2時までの間『ゴールデンタイム』という時間帯があり、 この時間は成長ホルモンが多く分泌されると言われます。 成長ホルモンは、体脂肪を分解し、脂肪減少を促進する効果もありますので、 仕事が忙しくて睡眠の改善がなかなか出来ない方でもせめてこの時間だけでも 休む習慣をつけてはいかがでしょうか? 食事や運動だけではなく睡眠の改善から入るダイエットもあるんです(*^^)v 次回は睡眠の質を高める環境、寝る前のアドバイスをしたいと思いますので、 次回の更新も楽しみに待ってて下さいね!
Pagetop