Blog

スタッフブログ

近年の流行ダイエットその⑤Ⅱ~食事系ダイエット 後編~

カテゴリ

2013/04/14

nicoスタッフ マサキです。

近年の流行ダイエットシリーズ第5弾 
~食事系ダイエット 後編~

食事系ダイエットではよく、○○ばかり食べる、
極端なものでは○○しか食べないというものがあります。

いわゆる『単食系ダイエット』というものです。

一昔前この手のダイエットブームの先駆けとなったものに

『りんごダイエット』

があります。

これは3日間りんごしか食べない!というもの。
りんごだけなら何個食べてもOK。

この手のダイエット全般に言えることはまず、
バナナや大豆、寒天、等々、その食材だけ見れば、
確かにダイエットに有効な栄養価の食材ばかりで、
その食材の効能ばかりに着目してしまいがちですが、
栄養価が完璧な食材というものは存在しません。

よってそればかりを食べ続けるということは、
どうしても栄養が偏ります。

朝だけ、夜だけ、などに関しては問題はないと
思いますが、上記『りんごダイエット』のように、
その食べ方などが極端で、一歩間違えると
危険なものも存在します。

特にこれらの食材はカロリー及びGI値(後術)が
低いものばかりで、さらに同じものを食べ続ける
事へのストレスが食欲を抑制し、摂取カロリーや
必須栄養素が大幅に不足、結果、過剰な食事制限となり、
最終的に健康を害したり、リバウンドするはめになります。

よって、僕の意見としては、

『単食系ダイエット』はオススメできません。

しかし、少し発想を変えてみれば、食材自体は
ダイエットに向いているのですから、これらの食材を
日々組み合わせて摂取すれば、飽きずに、健康的に
ダイエット出来るかもしれませんね。

『低インシュリンダイエット』
というのも話題になりました。

これは炭水化物の中でも血糖値の上がりにくい食材
(グリセミック指数 = GI値 が低い食材)を
選んで摂取することにより、脂肪がつきにくくなる
というもの。

具体的には
野菜、果物、豆類、玄米などですね。

ジャガイモよりもサツマイモ、
食パンよりも全粒粉パン、といった感じです。

GI値についてはWeb上で数多くリストなどが載ってますので、
知識として是非おさえておきたいところです。

食事系ダイエットの場合、

『○○さえ摂取すれば大丈夫!』

と、勘違いさせるような売り込み方をするものが
後を絶ちませんが、そういうものに惑わされないよう、
しっかりとした知識を身につけましょう!

また、最近の流行のもので『酵素ドリンクダイエット』や、
ダイエットとは少し異なりますが、ヒアルロン酸や
コラーゲンの経口摂取なども、現時点でその効果は
科学的な立証は出来ていないという事なども、知識として
押さえておいたほうが良いでしょう。

逆に言えば効果がないという事も立証できていないので、
良し悪しの判断自体が出来ないのが現状なのですが、
誇大広告なども多いため、鵜呑みにしないことが大事です!

次回 ~骨盤ダイエット 編~ おたのしみに!

Pagetop