Blog

スタッフブログ

病院で改善しない手足のしびれはカイロプラクティックがいい

カテゴリ

2018/01/15

  手のしびれ

手や足がしびれて病院へ行ったけど、あまり改善しない…。

首のしびれで病院へ行ったが「肩コリ」だと言われた…。

 

「しびれ」ってちょっと怖いですよね。

しびれが出ると、悪い病気を疑ってまずは病院へ行くことが多いと思います。

 

しかし病気以外の原因の場合、とても多いのが血行不良やコリによる神経の圧迫でしびれている状態です。

いわゆる運動不足や同じ姿勢を続けることで起きるしびれですね。

実はこういったしびれの場合、カイロプラクティックは神経の調整が得意なので症状の改善に役立ちます

 

まずは病気から起こるしびれの症状やセルフチェック、なぜカイロプラクティックがしびれにいいのか詳しく説明していきますね。

病気がかくれているしびれはまず病院へ

下記は重篤な病気から起こるしびれの特徴の一部です。当てはまる症状がないかセルフチェックしてみて下さい。

  • 左右一方だけしびれ、マヒ、頭痛、めまい、ロレツが回らないなどの症状を伴う
    → 脳卒中の始まりが疑われる。急いで内科医へ受診を。
  • 冷えると手の指が白くなってしびれる
    → レイノー病が疑われる。
  • 左右対称にしびれる
    → 多発性神経炎が疑われる。

※レイノー病とは発作的に四肢の末端に血行障害を起こす病気で、寒冷や精神的緊張があると手の指先が左右対称に蒼白になり、冷感・痛みを伴う。ひどくなると充血・発赤・拍動性のうずきが出てくる。

※多発性神経炎とは左右対照的に末梢神経が冒される病気で、化学物質や薬物、栄養障害、妊娠などが原因でも起こるが、最も多いのは糖尿病によるもの。

 

重篤な病気から起こるしびれは、左右対称にしびれたり、ロレツが回らなくなるといった特徴があります。

その他にも、感覚がまったくない・運動機能の低下がはげしい場合、日増しにしびれが強く広がる場合などは、迷わず病院(神経内科や代謝病専門医)に行っていただき検査を受けてください。

脳腫瘍、脳梗塞や椎骨の骨折、重篤なヘルニア、すべり症、リウマチ、糖尿病などがかくれている可能性があります。

病気でないしびれとは

内臓 しびれに隠れた病気

病気以外のしびれの原因で多いのは血行障害

慢性的なしびれの原因の多くは血行不良から起こる血行障害です。

しびれの症状があるとき、多くは神経の圧迫や酸欠が起こっています。

または、筋肉の硬結(コリ)で神経が圧迫されて起こるしびれもありますが、その場合も血行が良い状態とは言えません。

 

しびれとは神経の不具合の症状である

具体的に言うと、手のしびれだと首の骨あたりの神経・足のしびれだと腰の骨あたりの神経に、何らかの圧迫や酸欠など異常が起こっている状態です。

神経が圧迫されたり酸欠になることによって、その先につながっている末端(手・足)にしびれが出てくるのです。

 

なぜ病院でしびれは改善しないのか

なぜ、しびれで病院へ行っても、病気以外のしびれは改善しないのでしょうか?

それは、その名の通り「病気」ではないため、出ている症状に対応するよりないからです。

病院では、レントゲン撮影を行い、リハビリがある病院ならば牽引したり、痛みやコリの症状緩和に筋弛緩剤や消炎鎮痛薬を処方されるなどの流れが多いようです。

もちろん手技による細かなアプローチや、カイロプラクティックで行う神経への直接的なアプローチはありません。

それは病院が悪い訳ではなく、「病気」ではないからなのです。

 

カイロプラクティックでみるしびれ

しびれは主に神経伝達の不具合から起こります、カイロプラクティックの神経へのアプローチはそもそもが神経伝達の異常を整えるものですので、しびれの症状が改善されるのは当然といば当然だといえます。

 

カイロプラクティックでは、まずしびれている箇所に対応する首の骨・背骨・腰の骨の神経を疑いつつ、整形外科的検査・カイロプラクティック検査をして、他の原因がないか細かくみていきます。

シナプス伝達

カイロプラクティックといえば、骨をボキっと鳴らすような施術を思い浮かべる人もいるかもしれません。(ディバーシファイドテクニックといいます。)

さらにパチン!と小さな音が鳴る施術もあります。(アクティベーターメソッドといいます。)

その他にも様々なテクニックがあり、それぞれに効果や向き不向きがありますので、これらを症状に合わせて必要な効果を得られるよう組み合わせて施術します。

 

主に神経への直接的なアプローチには、パチンと音が鳴り振動刺激を与えるアクティベーターメソッドを使います。

アクティベーターメソッドは、人の体の神経伝達の周波数(約50Hz)と同じ振動刺激を与えることで、圧迫などで乱れを起こしている神経の周波数を正し、機能を整えることができます。

ディバーシファイドテクニックよりも即効性はないとされていますが、原因にヒットしていれば実際には即効的な効果が期待できるものです。

※神経に振動を与え異常を正すカイロプラクティックの施術方法はこちらの記事で詳しく説明しています→『パチン!』の実力②

 

カイロプラクティックが得意するしびれ

カイロプラクティックでは、神経経路の圧迫や酸欠が原因でしびれている症状では、原因に直接アプローチできるので改善が期待できます。

さらに下のような病気や状態でも、神経経路からのしびれなら症状の改善が見込めます。

  • 胸郭出口症候群
  • 斜角筋症候群
  • 手根管症候群
  • 頸椎、腰椎の歪み
  • 軽度のヘルニア
  • 頸椎症
  • 梨状筋症候群
  • ハンター管症候群

しびれを予防する生活・食べ物

また、しびれなど血行不良を起こしやすい生活を避けて予防的な生活を目指すことも大切ですね。

しびれを予防するには、血流の改善に適度な運動やストレッチ体操をすることが大切です。

なお、座りっぱなしや立ちっぱなしの姿勢を長時間維持する生活は、神経の圧迫以外にも様々な症状を引き起こしやすくなります。

意識して同じ姿勢を続けるのをやめてみましょう。

 

また、食べ物ではビタミンB1・B12の欠乏に注意しましょう。

ビタミンB1を多く含む食べ物には、穀類のはい芽(米ならヌカの部分)、豚肉、レバー、豆類があります。

ビタミンB12を多く含む食べ物には、牛レバー・鶏レバー・カキ・さんま・あさり・にしんなどがあります。

データ参考元:グリコ栄養成分百科

ビタミンB群は水溶性なので、摂りすぎても過剰になるということはなく吸収されなかった分は排出されます。

 

まとめ

しびれは主に神経伝達の不具合から起こる

↓ ↓ ↓ ↓

カイロプラクティックの神経へのアプローチはそもそもが神経伝達の不具合を整える

↓ ↓ ↓ ↓

カイロプラクティックを受けるとしびれの症状が改善される

病気が原因のしびれではない場合、カイロプラクティックがしびれの改善に期待できる理由がこういうことです。

なお、カイロプラクティックはカイロプラクティック専門の施設を選ぶのがおすすめです。

そうは言っても選び方なんてよくわからないという方には、こちらの記事の最後の方に良いカイロプラクティックの選び方も書いていますので参考にしてください。→5分でわかる!カイロプラクティックと整体の違い

 

 

また、兵庫県の阪神からJR、阪急西宮付近で、しっかりとした技術のあるカイロプラクティックサロンをお探しなら、カイロプラクティックサロンnicoにお気軽にご来店くださいね。

b_32

Pagetop