Blog

スタッフブログ

腓返り(こむらがえり)って何?

カテゴリ

2013/10/13

さて今日は、腓返り(こむらがえり)についてです。
腓
こむら返りとは?
腓(こむら)= ふくらはぎに起こる筋痙攣の総称です。

(足が)攣(つ)るとも言われます。
特に腓腹筋に起こりやすいため、腓腹筋痙攣と同義とみなすこともあります。

足をつるという患者さんが増えています。
『どうして足がつるの?』ってよく聞かれるのでここでも話したいと思います。

まず、足がつった状態というのは
筋肉が一時的に異常に収縮してしまった状態です。
筋肉が急激に縮んだ状態ですね。

体の中の電解質であるナトリウムイオン、カリウムイオン、
マグネシウムイオンなどのバランスが崩れると
筋肉がつりやすい状態になりやすいです。

ではどうなると電解質のバランスが崩れるかというと

・筋肉疲労
・運動不足
・水分不足

などが原因に考えれられます。

上記の原因で電解質のバランスが崩れた状態でつる引き金になりやすいのは

・とっさに力を入れた
・力を入れ続けた
・急激に筋肉が冷えた

などが引き金になり筋肉が異常収縮を起こします。

特に、夜中に足がつる時は『急激に筋肉が冷えた』でつることがほとんどです。

急に冷えたというより、急激な温度変化が引き金になりやすいようです。
布団から足だけ出ていて朝方の冷たい空気に当たったときなどに
足がつりやすいです。

筋肉疲労や今の急激な温度変化で起こす異常収縮はいずれも病的なものではありませんので
さほど心配する必要はありません。

ですが頻繁にこむら返りを繰り返す方は病気の可能性がでてきますので
注意が必要です。詳しい事は次回に持ち越しです(^o^)/

次回はケアの方法や予防法について紹介しますのでお楽しみに!!

Pagetop