Blog

スタッフブログ

睡眠の質を高める方法 その②

カテゴリ

2013/06/01

すこし間が開きましたが睡眠の質を高める方法の第二弾です(^O^)/
寝顔
睡眠の質を高める為には寝る前の刺激を回避しなければなりません。

では刺激を回避するには?
ようは交感神経を落ち着かせるんです(>_<)

交感神経は昼間に活発に働き、
夜になると働きが弱まって自然と眠たくなります。
ですが夜になんらかの刺激を受けると
交感神経が活発に働いてしまう事があります。

そうするとホルモンバランスが崩れて寝付きが悪くなったり
直ぐに目が覚めてしまったりと、睡眠の質を低下させてしまいます。

夜に交感神経を乱すのはインターネットや携帯、テレビなどがあり、
光や音の刺激で交感神経が活発になる為、
身体は疲れていても脳が眠れない状態になっちゃうんです(+_+)

あと実は寝る前の飲酒も睡眠の質を悪くする原因なんですよ!

アルコールには筋弛緩効果や麻酔作用があるので、寝付きは良くなりますが
アセトアルデヒドが代謝されてしまいますので途中で覚醒することが多いんです。

ちなみにアセトアルデヒド自体は、吐き気、呼吸促拍を起こすなど、
アルコールよりも数倍も強い生体反応を起こす有害物質です。
ですから、アセトアルデヒドが二日酔いの有力な犯人の一人と考えられています(^_^;)

またアルコールの睡眠作用は耐性ができやすい為、
量を増やさないと効き目が薄くなり
お酒の量がだんだんと増えていくという弊害もあります(;一_一)

『寝る前には交感神経を緊張させる刺激を避けて、リラックスすること』

これが大切なんです(*^^)v

Pagetop